新材質(2H2C)

 電源の小型化・高性能化に伴いノイズ対策用コモンモードチョークコイルは高透磁率材を使用する事で小型化してきましたが、近年ノイズ規制により高周波領域での高透磁率材が必要となっております。
 従来材では100kHz以上で透磁率の低下が大きく対応出来ない状況でした。
 そこで当社は常温で100kHz時、従来材より透磁率を30%アップした材質2H2Cをリリースしました。
 透磁率 10kHz:10,000(従来材10,000)
      100kHz: 9,000(従来材 7,000)
 同時に従来材より広周波数帯で高い透磁率を維持出来る材質となっております。

 各種電源ノイズ対策用コモンモードチョークコイル、通信ノイズ対策用チョークコイル等への使用が最適です。

 高周波・高透磁率材:2H2C               PDF版はこちらから    

高周波(100kHz)時、広温度範囲μiacアップ 

 

高周波(100kHz)時、μiac30%アップ