新材質(2H1T)

 電源の高温度化に伴い高透磁率(μiac=15,000)ノイズ対策用フェライトコアの高温度要求が高まっております。
 そこで当社は透磁率15,000をキープした状態で、従来材より20℃キュリー温度がアップした材質2H1Tをリリースしました。キュリー温度(Tc)=125℃ 

 同時に従来材より高周波域まで高い透磁率を維持出来る材質となっております。

 

 各種電源ノイズ対策用コモンモードチョークコイル、通信ノイズ対策用チョークコイル等への使用が最適です。

高温度・高透磁率材:2HIT              PDF版はこちらから

 Tcを125℃にアップ(従来材105℃)

 

 

従来材よりも高周波域まで高透磁率を維持